» 壁にぶち当たったときこそチャンス! | オーダーメイドのプリザーブドフラワー専門店 アトリエ・ノッカ

 » 壁にぶち当たったときこそチャンス! | あなたの心を形にした「世界で一つの贈り物」を。オーダーメイドフラワー専門店 atelier nocca アトリエノッカ  » 壁にぶち当たったときこそチャンス! | あなたの心を形にした「世界で一つの贈り物」を。オーダーメイドフラワー専門店 atelier nocca アトリエノッカ

壁にぶち当たったときこそチャンス!

わたしはBtoBの企業の裏方として約10年働き、

営業経験もなく、いきなり異業界へ転身しました。

 

 人脈ゼロ、業界経験ゼロ。

 

文字にすると、けっこうな無茶をしたな・・・と苦笑い。

 

 

右往左往していますが、

色々な方に応援していただいて、あと少しで一年半。

 

ハンドメイド業界的には、

正直、ものすごく頑張っているほうだと思うけれども・・・

ビジネス的には、まだまだ。

 

 

 

元の職種で転職先を探せば、

すぐによいところにお世話になることもできただろうと思います。

 

 

でも、厳しい道を選んだのは自分です。

 

目の前の仕事に一つ一つ、食らいついていく。

 

 

 依頼主の思いを伺って、

お贈りするシチュエーションや場所を、

そして飾る場所を想像し、ときに実際の画像を拝見し、

お相手の年代、性別、お洋服や持っているものの好み、

職業、家族構成、背の高さ、どんなお家に住んでいるか、

いろいろなことを聞いてご予算の枠内で最大限の力を尽くす。

 

 

 

 

修行していた花屋の社長から言われた言葉。

 

「野村さん、早く『自分の花』を見つけなさい。

でもそこに到達できるのは

プロのフラワーデザイナーでも100人に1人いるかいないか、だ。」

 

先々への期待を込めて、言っていただいたものと、私は理解しています。

 

あらゆるシーンにおいて、

一定して高いレベルのものを作れるデザイナーはあまりいない。

 

私も、まだまだその域には達していません。

 

ですが、その一人になれるよう、日々奮闘中です。

 

 

曲がりなりにも、日々成長を感じながら仕事をしています。

 

 

おかげさまで

自分が生み出せている価値とお客様に感じていただける価値との間に

プラスを感じていただけることも多いのですが、

正直、まだまだな自分に打ちのめされるときもあります。

 

人を雇っていないので

手が回らなくなって訳が分からなくなりそうになることもある。

 

 

法人様との取引では、

時に手探りで進まなければならないこともある。

 

法人のお客様の目線は、いろんな面でシビアです。

クリエイティブな業界の方からは、

すぐにご納得いただけなくて手直しすることもあります。

形のないイメージを共有することの難しさを思い知る一幕でもあります。

 

でも、思い切ってぶつかって行くことが必要な時もある。

派手に転ぶこともあるかもしれないけれど。

思い切ってみなければわからないことだってたくさんある。

 

手痛い傷を負うこともあります。

 

だが、それでいいし、

それがなきゃだめだとも思う。

 

なにが不足していたか。

ヒアリング不足か、仕事を進めるプロセスがまずかったか、

途中経過の見せ方が悪かったか、確認の仕方やタイミングがまずかったか。

自分の腕が足りないのか。

 

原因を探って改善する努力をするのみ。

 

耳障りのいい言葉は、いらない。

 

ぬるま湯につかるつもりはない。

 

本気と本気がぶつかり合ってこそ、いいものが生まれると思っている。

 

 

わたしの実力が足りない時もあるだろう、

実力をうまく伝える力が私にないときもあるだろう、

そのどちらにも当てはまる場合もあるだろう。

 

転んだときは痛い。

もどかしいし、くやしい。辛い。きつい。

 

でもこの思いを、忘れないで糧にして進もう。

 

そういう場面にこそ、成長できるチャンスがあるのだから。

 

 

花の仕事に対し、残念ながら世間は

そこまで大きな価値を感じてはいない現実にぶち当たることも多い。

 

 

なんとなく花が好きだから、だけではくじけてしまうことでしょう。

 

 

だけど、私は自分を救ってくれた花の力を信じている。

 

 

自分が生み出すものの価値は

原価の積み重ねにある一定の利益率をポンと乗せたもの

であってほしくないと思っている。

 

 

私の作った贈り物で、笑顔になってほしい。

 

だがそこでは終わらずに

贈られたものを飾った後も、

もらった時の喜びを思い出していただけるようなものを作りたい。

 

プリザーブドフラワーは枯れない。

とっても大事にすれば、数年以上もってしまう。

 

だからこそ、贈った後が大事だ。そう考えています。

 

もらったその瞬間の喜びも、

もらった後で、家に飾る楽しみも、

飾った後、花を眺める楽しみも。

 

時の経過とともに、味わいが増すようなアレンジメントを作りたい。 

 

そう思いながら、常にクライアントと、花と、対峙しています。

 

技術は超一流とは言えないけどね。 

 

アレンジメントをみるたびに、

そのときの思い出が浮かぶような

アレンジメントを作りたい。

 

人と人をつなぐ、花。 心と心を結ぶ、花を。

 

そんな気持ちで、仕事をしています。

 

 

 独り言みたいな記事ですが、

慣れないことにトライしているので、

自分を奮い立たせてみました。

 

まだまだ、始まったばかり。

伸びしろばかりだと思ってます。

 

これからに期待をかけてくださって

応援してくださっているみなさんのためにも、頑張ります。

 

アトリエ・ノッカ

野村絵美子


Gallery~最近のオーダーメイドの商品~ Gallery~最近のオーダーメイドの商品~

Gallery一覧を見る

お見積り・お問い合わせ

店長野村絵美子

店長:野村 絵美子(のむら えみこ)
~プリザーブドフラワー作家~

上場メーカー、電子マネー関連の企業で、新規事業支援や契約審査といった企業法務に約10年携わっていました。しかしある時体調を崩し、リハビリで始めたフラワーアレンジの世界に魅せられ、心機一転花の世界へ。メイフェアフラワーズ代表・村田さとみ氏にプリザーブドフラワーアレンジメントを、デザインフラワー花遊にてブライダルフラワーの技術を学んだのち、創作活動を始めました。

花の持つ力で、日本人の心に癒しと幸せを届けるべく、東京都の自宅アトリエにて、プリザーブドフラワーを中心としたオーダーメイドのフラワーギフトの制作を行っています。

趣味は大学から始めたクラシックギター合奏とカフェめぐり。家族は夫一人。

日本プリザーブドフラワー協会ディプロマ取得
同協会 ギフト・百貨店販売・レンタルフラワー代理店