» 【プリザーブドフラワー講座・第1回】プリザーブドフラワーのお手入れ5原則 | オーダーメイドのプリザーブドフラワー専門店 アトリエ・ノッカ

 » 【プリザーブドフラワー講座・第1回】プリザーブドフラワーのお手入れ5原則 | あなたの心を形にした「世界で一つの贈り物」を。オーダーメイドフラワー専門店 atelier nocca アトリエノッカ  » 【プリザーブドフラワー講座・第1回】プリザーブドフラワーのお手入れ5原則 | あなたの心を形にした「世界で一つの贈り物」を。オーダーメイドフラワー専門店 atelier nocca アトリエノッカ

【プリザーブドフラワー講座・第1回】プリザーブドフラワーのお手入れ5原則

1.ごあいさつ

今日から毎週一回、3か月にわたり

プリザーブドフラワーにまつわる疑問を解消する

ブログ講座が始まります!!

これまで私が手掛けたオーダー作品の

写真も楽しんでいただきながら、

楽しく解説していきたいと思いますので

この3か月、どうぞよろしくお願いします。

2.「プリザーブドフラワーのお手入れ方法」

1980年代にヨーロッパで生まれて

日本に導入されてからも、もう20年ほど。

だいぶ市場に浸透してきている、このプリザーブドフラワー。


(null)


でも、いまだにプリザーブドフラワーってなに??と聞かれることも多く

どのようにお手入れしたら良いのかわからない…

という方もまだまだ多いようです。

そこで、記念すべき第1回の講座では、

「プリザーブドフラワーのお手入れ方法」についてご紹介します。



(昨年のクリスマスに作ったホワイトクリスマスアレンジ)







3.プリザーブドフラワーのお手入れ方法

【プリザーブドフラワーのお手入れ5原則】 

(1)直射日光に当てない!

(2)多湿・乾燥しすぎの環境を避ける

(3)できればケースにいれたままで保管する

(4)ケースから出した場合は、定期的にホコリを飛ばす

(5)火気のそばに置かない







(1)直射日光に当てない!




プリザーブドフラワーは、ほとんどの場合、染料で色を付けてあります。

そのため、自然界にない青いバラも、作り出すことができるのです。

この染料、衣服に用いられる糸を染めるものと原理は一緒。

紫外線にあたると、色があせてしまいます。

退色という現象ですね。

真っ黒なTシャツを日干ししていたら、

色が落ちてしまって着られなくなった経験はありませんか?

あれと同じことがプリザーブドフラワーにも起こります。


同じ理由で、強いスポットライトに当てても

色あせしますので、光の演出にも、ちょっとご注意を。

長く楽しむために、ぜひ直射日光(紫外線)を避けて、

飾ってあげてくださいね。



(2)多湿・乾燥しすぎの環境を避ける

プリザーブドフラワーは、生花と異なり水やり厳禁です。

湿気の多いところに置くと、

花びらが透けてしまったり、花に吸わせてある

プリザーブド加工液が漏れ出てしまい、

服や家具についてしまったりします。

加工液がにじみ出してしまっている

茶色いカーネーションのプリザーブド。


 


我が家でも長雨が続くと、飾ってあるプリザ―ブドが

このように汗をかくことがあります。

(もちろん商品にするためのプリザーブドは

箱にしまってしっかり湿度管理していますのでご安心を)

とくに、梅雨の時期は、管理には注意が必要です。

ただ、湿気が下がれば透けたりプリザーブド加工液がにじんだ

花びらはだいたい元にもどります。

なお、逆に乾燥しすぎても、

花がもろくなりますので冬の時期も注意が必要です。

エアコンの風が直接当たらない場所に置きましょう。

日本の四季の性質上、梅雨の時期に湿気が高まり

冬の時期には乾燥するのはある程度仕方ない面もありますが

湿度管理に注意すれば

プリザーブドフラワーをよりきれいな状態で長く楽しめます。



(3)できればケースにいれたままで保管する



昨年の百貨店での母の日催事の時のディスプレイの様子。

プリザーブドフラワーは、こんな風にクリアケースに入って販売されています

プリザーブドフラワーは、とても繊細です。

特に配送の衝撃などに耐えうるよう、

保護のために専用のプラスチックのクリアケースに

入れられて販売されていることがほとんどです。

このケースには、配送時の保護だけではなく

外気からの影響を少なくするという役割もあります。

そのまま出さないで飾っていただいた方が

湿気などの影響を受けにくいので、長持ちします。

私などは、やっぱりケースから出した方がきれいなので

ケースから出したくなってしまうのですが・・・

そんな時は次の点にご注意ください。



(4)ケースから出した場合は、定期的にホコリを飛ばす


 

ケースから出して飾るのが、やはり一番見栄えが良いです。

湿度に注意が必要なのは上記の通りですが、

もう一つの注意点がホコリです。

長く飾っていると、

どうしてもお部屋のほこりがお花や葉っぱに降りてきます。

そんなときは、ドライヤーの冷風を当てて

ホコリを吹き飛ばしましょう。

毎日でなくてもよいので

お掃除のついでにぜひやってみてくださいね。

ただ、あまり長く放置しておくと

油分などと一緒になってしまって

花弁などにしっかりくっついてしまい、

取れなくなってしまいますのでご注意を。




(5)火気のそばに置かない


プリザーブドフラワー溶液は、

可燃性のアルコールやグリセリンが主成分となっています。

そのため、ガスコンロやストーブ、ランプなどの

火気のそばに置くことは避けてください。




 4.ま と め

プリザーブドフラワーのお手入れ5原則、

いかがだったでしょうか?

プリザーブドフラワーの正しいお手入れ方法を知って、

より長い期間、プリザーブドフラワーを

おたのしみいただければ嬉しく思います。

ただ、上記を守っていただいても

 元々は命ある生花ですから劣化は免れません。

いつ捨てたらいいのかわからないとよく言われるのですが

ここは個人差がありますので何とも言えません。

が、一つ言えることは、ご自身でパッと見たときに

花の色あせ、日焼け、割れや欠け、ホコリが取れないことなどが

気になってきたらもうさよならする時期が来ているものと思われますよ。


そんな時はぜひ、

次のアレンジのご注文を検討してみてくださいね(笑)

では、また次回お会いしましょう。



 次回は・・・

プリザーブドフラワーの購入先についてです。

お楽しみに。




アトリエ・ノッカ

野村絵美子

************************************

プリザーブドフラワーギフトの
オーダー、お問い合わせは、
HPのお問い合わせフォームまたは
以下のアドレスまでお願いします
atelier.nocca.info@gmail.com 
(※日、月は発送作業のみでお休みを頂いております)
 
 
Twitter,FaceBook,Instagramもやっております。
お気軽にフォローしてください!
(スパムやよくわからない方以外は基本承認いたします)
Twitter:
 
FaceBook:
 
Instagram:
ID:nomuemi_nocca
 
************************************************
 

Gallery~最近のオーダーメイドの商品~ Gallery~最近のオーダーメイドの商品~

Gallery一覧を見る

お見積り・お問い合わせ

店長野村絵美子

店長:野村 絵美子(のむら えみこ)
~プリザーブドフラワー作家~

上場メーカー、電子マネー関連の企業で、新規事業支援や契約審査といった企業法務に約10年携わっていました。しかしある時体調を崩し、リハビリで始めたフラワーアレンジの世界に魅せられ、心機一転花の世界へ。メイフェアフラワーズ代表・村田さとみ氏にプリザーブドフラワーアレンジメントを、デザインフラワー花遊にてブライダルフラワーの技術を学んだのち、創作活動を始めました。

花の持つ力で、日本人の心に癒しと幸せを届けるべく、東京都の自宅アトリエにて、プリザーブドフラワーを中心としたオーダーメイドのフラワーギフトの制作を行っています。

趣味は大学から始めたクラシックギター合奏とカフェめぐり。家族は夫一人。

日本プリザーブドフラワー協会ディプロマ取得
同協会 ギフト・百貨店販売・レンタルフラワー代理店