» 枯れないお花、プリザーブドフラワーの特徴 | オーダーメイドのプリザーブドフラワー専門店 アトリエ・ノッカ

 » 枯れないお花、プリザーブドフラワーの特徴 | あなたの心を形にした「世界で一つの贈り物」を。オーダーメイドフラワー専門店 atelier nocca アトリエノッカ  » 枯れないお花、プリザーブドフラワーの特徴 | あなたの心を形にした「世界で一つの贈り物」を。オーダーメイドフラワー専門店 atelier nocca アトリエノッカ

枯れないお花、プリザーブドフラワーの特徴

花はいつか枯れるもの。その常識を覆したのが、

プリザーブドフラワーです。

プリザーブドフラワーが初めて作られたのは、

1980年代のヨーロッパ。

 

始めは花ではなく、グリーン類を

プリザーブド加工したのが始まりのようです。

 

本格的な研究は、1986年に

ベルリン大学とブリュッセル大学で始まり、

1991年にフランスのヴェルモント社が

その研究成果をもとに特許を取得して以来、

各地で開発が盛んになりました。

 

このプリザーブドフラワーには、

どういう特徴があるのでしょうか。

 

 

 img_1211

(先日おつくりした奥様へのバースデーギフト♪)

 

 

 

1.水やりいらず!

プリザーブドフラワーは、

染料の混ざった特殊な溶液を花に吸わせて

水を抜いて腐らないようにしたもの。

 

水やりはいりません。

お年よりだと誤って水をやってしまう場合があります。

わたしたちも取り扱い説明のカードを同封していますが

年配の方に贈る場合は、

ぜひお客様からも注意喚起をしていただければありがたいです。

 

2.生花のような質感

プリザーブドフラワーを作る際の溶液は

各メーカーさんの企業秘密ですが

化粧品の保湿剤に使われているような成分が入っているため

生花のようなふわふわの質感があるのが特徴です。

乾燥させて作るドライフラワーはぱりぱりで、

触るとボロボロ崩れてしまうこともありますが

プリザーブドフラワーはもう少ししっとりしています。

ドライフラワーとの大きな違いです。

 

 

3.鮮やかな色あい

プリザーブドフラワーの多くは、

生花そのものの色合いとは異なり、染料で着色されています。

各メーカーによりカラーバリエーションは異なりますが

非常に色々な色のものが発売されています。

 

毎年、新色がでたり季節限定の色が出たりします。

 

4.長期保存が可能

プリザーブドフラワーは生花とは違い

枯れずに長持ちする、というのが

最大の特徴かもしれません。

 

ただどのくらいの期間楽しめるか、は

環境条件にかなり左右されます。

直射日光を避け、風通しのいい

できるだけじめじめしていない場所に置きましょう。

ケースやフレームにはいった

生花にくらべたらずっと寿命が長いです。

 

 

また、ドライフラワーも実は

プリザーブドフラワーより寿命は短めなんです。

 

プリザーブドフラワーは、

とても高価なものというイメージがあります。

たしかに生花より高価ではありますが、

一日当たりのコストに換算すればコスパはいいのですよ。

 

花は命あるからこそ枯れますし、そのはかなさも

愛すべきものなのですが、

その美しさを何とかそのままに近い形で残したい。

というのもまた人情ですね。

 

 

生きている花を一番きれいなうちに摘み取って

漬物のように溶液に漬けてしまうので、

もったいないといえばもったいない。

わたしも実際にプリザーブドフラワーを

手作りしたときは胸が痛みました。

 

人間のエゴといえばそこまでですが

我々だって常にお肉や魚、野菜を加工して

毎日食べてしまっているのですから

それとそんなに変わらない気もしますね。

 

ただ、いつもその美しい花姿を見て

感謝しながらつかっています。

 

 

 

【 ま と め 】

 

花の楽しみ方は色々。

入口がプリザーブドフラワーだった私も

結局は、お花全般が大好きになりました。

 

生花のアレンジもできるんですが、

今はプリザーブドフラワーに特化して

お仕事をさせていただいています。

 

花を愛する人がもっともっと増えれば、

きっと世の中は少し平和に近づく。

 

花を愛でる入り口がたまたま生花だったり

プリザーブドだったりするだけではないかな。

 

生花の溢れんばかりのみずみずしい生命力は

プリザーブドフラワーにはない素晴らしいものです。

 

一方でプリザーブドフラワーはいつでもそこに

あって、空間を彩ってくれる良さがあります。

インテリア雑貨のように、室内の

コーディネートを長く楽しめるものでもある。

 

それぞれの良さをぜひ知っていただいて、

ご活用いただければ嬉しいです!!

 

 

アトリエ・ノッカ

野村絵美子

 ——————-

オーダーのご依頼、お問い合わせは

HPのお問い合わせフォームよりお願いします。

 

※現在、2016年12月以降のお引き渡しとなっております

 


Gallery~最近のオーダーメイドの商品~ Gallery~最近のオーダーメイドの商品~

Gallery一覧を見る

お見積り・お問い合わせ

野村絵美子

野村 絵美子(のむら えみこ)
~フラワーアーティスト、インテリアコーディネーター~

一部上場企業にて、新規事業の支援や契約審査といった企業法務の仕事に8年以上たずさわる。

しかし、結婚後がんばりすぎて体調を崩し、リハビリで始めたフラワーアレンジの世界に魅せられ、心機一転、花の世界へ。

メイフェアフラワーズ代表・村田さとみ氏にプリザーブドフラワーアレンジメントを、デザインフラワー花遊にてブライダルフラワーを学んだのち、創作活動を始める。

花の持つ力で注文されたお客様や贈り先に幸せと安らぎを届けるべく、東京・世田谷区の自宅アトリエでプリザーブド&アーティフィシャルフラワーを中心とした オーダーメイドのフラワーアレンジやフラワーアートの創作を行っている。

さらに、自身が直面したパートナーシップ上の課題や婚活、結婚生活における経験を元に幸せを運ぶインテリアコーディネーターとしても活動を拡大中。

趣味は、大学から続けるクラシックギターと家庭菜園。
家族は、夫と元気一杯の息子がひとり。
ワーキングマザーとしても育児に奮闘している。

愛知県・名古屋市出身。
早稲田大学法学部2006年卒。
スペースデザインカレッジ インテリアコーディネーター科&研究科2017年卒。

資格:
日本プリザーブドフラワー協会 認定会員
 同協会 ギフト・百貨店販売代理店
インテリアコーディネーター
マンションリノベーションアドバイザー